ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

新しい薬品を作るには膨大なコストがかかります。
そのため、新しい薬品が発明されると、特許法で一定期間、その製薬会社が独占販売する権利が与えられます。
その特許法で守られる一定の期限が切れると、人々が自由に使える技術となります。
ジェネリック薬品はこの制度を有効に利用したもの。
先発品と同じ効果を持ちながら、たいへん安いのが特徴です。