女性の薄毛と男性の薄毛の違い

一口に「毛」といっても男性ホルモンがつかさどるものと
女性ホルモンがつかさどるものがあります。

髪の毛は女性ホルモンがつかさどります。
(ちなみに体毛は男性ホルモンの管轄です)

女性と比較して男性に薄毛が多いのはそのためです。
よく育毛剤ののキャッチコピーにはこんな風に書かれます。

「 女性で3ヶ月。男性で6ヶ月で見違える効果が」

女性の方が数ヵ月早く表記されているのは 偶然ではありません。

女性の薄毛の方が事実として治りやすいのです。

■男性ホルモンを悪者にしないで

それでは男性の方が薄毛が治りにくいのは、
男性ホルモンのせいでしょうか?

男性ホルモンが薄毛の悪玉なのでしょうか。

事実はそう単純ではありません。

男性ホルモン単体は抜け毛や薄毛の原因にはなりません。

男性ホルモンと、皮脂腺より分泌される「5αリダクターゼ」
という成分が結合したとき毛髪の成長が阻害されます。

男性ホルモン+5αリダクターゼ→抜け毛、薄毛

男性は男性ホルモンを多く持っているために、
「5αリダクターゼ」との結合が多く起こりやすいのです。

育毛剤にはこの5αリダクターゼの働きを阻止する成分が含まれています。

このページの先頭へ