育毛のメカニズム

●なぜ多くの「育毛法」が存在するのか
薄毛の原因となる
「男性ホルモン」と「5α-リダクターゼ」の働きをおさえること。
これが育毛に取り組む際のキーになります。
ところが、 薄毛のメカニズムが これほどハッキリしているのに
それを治すメカニズムは ぼんやりとして、ハッキリしません。
その結果、 ご存じの通り
育毛剤から育毛サロンまで、 もの凄い数の方法が
林立する状態が続いています。
●育毛剤が医薬品になれない理由
どの育毛剤を調べても 「男性ホルモン」と「5α-リダクターゼ」を
抑える成分を配合しています。
例えば、育毛剤コムで 一番売れていない「リ・ハール・ミバエ」は
ホウセンカ抽出エキスが主成分ですが、
これは、 古くから漢方や、民間療法に使われてきた成分。
最近の研究で、薄毛、抜け毛の原因となる5α-リダクターゼを抑える
働きがあることが分かっています。
しかし、

「どのようにして、その成分が5α-リダクターゼや男性ホルモンを抑えるのか」

が分からないのです。
これはどの育毛剤にもあてはまります。
育毛剤は、医薬部外品です。
薬品にはどうしてもなれない。
それは、「効く」ことは 分かっても
その「効く」メカニズムが分からない点にあるのです。
だからといって、 育毛剤が無駄ということでは
ありません。
「効く」ことは分かっています。
そして、その「効く」 には差があります。
※育毛剤は薬品ではない。 だから効果も一定ではありません。
それを見極める方法はやはり 売れているもの、
人気のあるものを 使うのが一番リスクが少なく、 間違いないでしょう。
⇒育毛剤人気ランキングTOPへ

このページの先頭へ