シャンプーの正しい洗い方

●シャンプーを軽く見てはいけません。
正しい洗い方をしないと、

A、洗うたびに頭皮を悪化させる
B、育毛剤の浸透力を弱める
C、育毛剤が全くというほど効かない→髪が生えてこない!

という悲惨な結果になります。

シャンプーは育毛の最重要プロセス、ということを肝に命じてください。
詳しいメカニズムは後にゆずって、 早速、正しい洗い方を紹介しましょう。

1、お風呂といっしょにシャンプーをする場合は、最後に洗う。
( お風呂で頭皮が温まり、皮脂が落ちやすくなる)

2、生え際から頭頂部へ向かって洗う
(髪の流れと逆方向に洗ってゆくと毛根、毛穴に指がとどきやすい)

3、指の腹で洗う
(爪をたてるのは×)

4、シャンプー後のすすぎはきっちりする。
とくに耳の後ろや生え際は注意して流します。

●シャンプーの方法はなぜ重要?

シャンプーはまず、頭皮を清潔にするために行います。
ただし、キチンとすすぎをしないと、
逆に頭皮の毛穴を塞いでしまい
育毛剤が浸透しない状況をつくってしまいます。 また、洗い過ぎにも注意。
頭皮の余分な皮脂をとるのがシャンプーの役割ですが、
皮脂をとりすぎると、毛穴にある「皮脂腺」が
皮脂が不足している、という命令を受け、過剰に皮脂を分泌してしまいます。
皮脂もまた、毛穴を塞ぐ要素。
シャンプーは1日1回。
皮脂をとろうとする余り、何度もするのは 逆効果になります。
育毛シャンプーを使う場合でもこの基本はキチンと身につけましょう。
※今回は、シャンプーの正しい洗い方に焦点をしぼりました。
 育毛シャンプーとしては、ウーマ育毛シャンプーが有名です。

このページの先頭へ