育毛の方法

育毛の方法には、大きく分けると5つあります。

1、育毛剤
2、飲む育毛剤
3、育毛シャンプー
4、頭皮ケア製品
5、育毛サロン

育毛剤

知らない人はいないほどポピュラーな方法です。
頭皮にダイレクトに働きかけます。
ネットではとくに化学薬品ではなく、天然系の育毛剤が売れています。 なぜか、を考えてみると、
単純に量販店などでは、天然系の育毛剤を販売していないからでしょう。 先程から、私はあえて「天然系」の育毛剤と言いましたが、それには理由があります。
「天然素材配合」だからといって配合成分が全て「天然成分」ということはありません。
なぜなら、「天然成分」だけで構成してしまうと(防腐剤等を入れないと)、
すぐに品物が使いものにならなくなる
からです。
化学成分まみれの育毛剤が結果として、毛穴を塞いでしまったり、
頭皮に刺激を与えたりして、良好な結果を出せないことはよく知られています。
同時に化学成分が全く配合されていない育毛剤というものも存在しません。
これが現実。
それならば、育毛剤選びで重要なのは、
化学成分の紛れ込み方が、より少ないものがベターということになるでしょう。

 

飲む育毛剤(育毛サプリメント)

悪化した頭皮に栄養を補給するためのサプリメントです。
毛根活性化」というCM。

毛根に喝!

喝を入れたところで「分かりました!」とか毛根は
答えてくれません。

そういった派手なCMに目がゆきがちですが、

事実として、薄毛、はげは育毛剤だけでは解決できない場合が多いです。

栄養補給を軽く見ていませんか?

当たり前のことをキッチリおさえておかないと「毛根活性!」も何もありません。
育毛剤はじかに頭皮に塗布するので、なんだか効きそうなイメージがあります。

しかし、薄毛やはげの原因は、生活習慣から来る場合が多いのは常識です。
不規則な生活、ストレス、食生活も密接に絡んでいます。
一番よいのは不規則な生活やストレスを除去することですが、
それがなかなかできない場合はサプリメント育毛剤に頼るのが
最良の方法と言えます。

適切な栄養補給。

これだけで薄毛が治ってしまう場合も多いのです。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは血行が悪化した不潔な頭皮を健康な状態に戻す
役割を担います。

毛穴に栓をしている余分な皮脂を取り除き、育毛剤が浸透しやすい環境をつくります。

いくらクチコミなどで評判の育毛剤を使ったところで、
頭皮が皮脂だらけだと、その効果を十全には発揮できません。

育毛シャンプーは育毛剤のサポーター的な役割をします。

 ■頭皮ケア製品


頭皮を清潔に保つという意味では育毛シャンプーと同じです。
育毛剤が浸透しやすい理想的な頭皮環境をつくります。

■育毛サロン

育毛サロンに通うのは少し勇気が必要です。
しかし、育毛の研究に莫大な資金を投入しているので、
そのノウハウも徹底しています。
お金がはるのが難点ですが、気軽に問い合わせてみるのもよいでしょう。

このページの先頭へ