輸入育毛剤

個人輸入をしてまで海外の育毛剤を欲しい方が後を絶たないのは
日本が育毛後進国だからだと思ってます。なお、カークランド製ロゲインはジェネリック。
さすが激安ですよ!

カークランド製ロゲイン
毛根に刺激を与えて血行を促す育毛剤。ミノキシジル5%。

毛根に刺激を与えて血行を促す育毛剤 ロゲイン。
もともと米国アップジョン社が発売した血圧下降剤ロニテンの副作用として、育毛効果が見られたことがきっかけで開発されました。
カークランド製のロゲインは、いわゆるジェネリック薬品です。
アップジョン社のものと成分は変わりません。
ハッキリ言って安すぎです!円高差益もありますが、 同じミノキシジル5%の日本の製品がが高すぎるのです。
16,800→7,900円(税込)60ml×12本 1年365日分(!)


プロペシア
飲むハゲ薬「プロペシア」あっ、毛が生えてきた!

■世界初の飲み薬タイプの毛生え薬 プロペシアは当初、
前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
たまたま、この薬を服用していた男性に育毛効果が見られたことから、
メルク社が本格的な育毛試験を開始しました。
■ プロペシアは世界初の飲み薬タイプの毛生え薬です。
300人以上の男性を対象にした臨床試験では、
52%の男性の頭部に効果が見られたということです。

以下は週刊現代の記事より抜粋です。

「男性型脱毛症の対策としては植毛、増毛、カツラなどがあり、
近年それらの技術は飛躍的に進歩してきました。
いままでの発毛医療では十分な医学的効果がなかったために、
こうした技術が進んだのです。
しかしプロペシアは発毛にいたるメカニズムが医学的に証明されている唯一の発毛剤です。
効果も今までのどんな薬よりもあります。」

この機会にぜひホンモノの効果を実感してください。
(プロペシアは男性用の飲む育毛剤です。女性には対応しておりません)

※プロペシアは、輸入品の配送料によって価格が異なります。詳細はリンク先にてご確認ください。


日本のミノキシジル含有の育毛剤はなぜ高い?

ジェネリック薬品のカークランド製の安さには驚いた方も多いと思います。
しかし、同成分、ミノキシジルを配合していて、こんなに高いのは日本だけではないでしょうか。
カークランド製のロゲインは円高のうちに「買い」だと思います。
円安になっても、まあ、日本製ほど高くは絶対になりませんが。

このページの先頭へ