脱毛症の種類

一口に脱毛といっても様々な種類があります。
一般的なものを挙げてみましょう。

●壮年性脱毛症

頭髪の1本1本が細くなることにより、
頭皮が透けて見える状態をいいます。
遺伝や男性ホルモンの過剰によることが原因といわれていますが、
はっきりと解明されていません。

●円形脱毛症

精神的ストレスにより、円形または楕円形に脱毛した状態をいいます。
ストレスがなくなると自然治癒するケースが多いようです。

●ひこう性脱毛症

フケが毛穴に詰まり、炎症を起こし湿疹や抜け毛を起こします。

●病後・産後の脱毛

薬の服用による副作用、また妊娠後期に成長期の毛髪の割合が
増えたため、 分娩後髪が休止期に入り抜け毛が多くなるという状態をいいます。

今挙げた4種類。
これらの他にも脱毛の原因はあります。
例えば、不健康な食生活、不規則な生活環境等。
前述のようにハッキリとした原因より、
「不健康な食生活」、「不規則な生活環境」
といった漠然とした原因のものの方がやっかいとも言えます。
原因が漠然としているために当人が
「本気で直す」気持ちになりにくいからです。
育毛、発毛は、それほど複雑なものではありません。
髪は体の一部です。

体に悪いものは髪にも悪い。

本当に単純な話。
そういったことを深く認識し、生活を変えるだけで脱毛を防ぐことができるのです。

このページの先頭へ